« 撮影開始 | トップページ | バンコクへGO »

AJPの国ポルトガル AJPのふるさとペナルフィー

2年ぶりにAJPのふるさとポルトガルのペナルフィーに行って来ました。

今年で25周年記念のAJPが記念式典を開くので絶対来いよ!

次はおそらく30周年記念でしょうね。そりゃ行かせて貰います。

ところでペナルフィーというのは街中が世界遺産のポルトという街にほど近い

はっきり行って田舎町です。新しいものはあまりません。

Img_6576


アメリカから来たような大型店もまったく無く

昔から変っていないであろう街並みは一本芯が通っている年齢を重ねた大人のように落ち着いている感じです。

レストランも所謂ファミレスのようなところが無く伝統的な街のレストランがあるのみです。

そしてAJPを作っている人達もまたペナルフィーで生まれ育った地元の人達です。

みんな自分達の街を愛し、自分達の仕事に誇りを持っています。

滞在中、たびたび食事に誘ってくれますが

どこへ行ってもみんながみんな知り合いのような間柄です。

そんな環境でAJPって創られているんです。

AJPの担当者ミギュエルが日本に来てYAMAHAの工場見学に連れて行った時こう言ってました。

『AJPとは全てが違う。日本のバイクメーカーのような大きい会社が作ったバイクはやはり良いものです。
残念だけどAJPはYAMAHAのような大きな会社にはなれないと思うけど、
楽しいバイクを作る良い会社には成れると思う。」

大きい会社が作ったものが必ず良いものとは僕は思わないけど

多くの人に受け入れられるものを作っているのに間違いは無い。

だからこそ大きい会社に成ったんだと思う。

自分達が楽しいと思うバイクを楽しいと言ってくれる人の為に創る。

幸せ論のように感じてしまうけど、AJPは間違いなくステキな会社だと今回改めて思った。

うちも周りの人からステキな会社、ステキなお店と言ってもらえるような

良い会社にしたいんだよな。

|

« 撮影開始 | トップページ | バンコクへGO »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28479/56279745

この記事へのトラックバック一覧です: AJPの国ポルトガル AJPのふるさとペナルフィー:

« 撮影開始 | トップページ | バンコクへGO »