« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

リエゾン中はガソリンスタンドで給油

リエゾン中はガソリンスタンドで給油
SS中は200kmから250kmぐらいの所に
用意されたチェックポイントに
主催者側が補給用のガソリンを用意してくれます。

リエゾン中は道端のガソリンスタンドで給油します。
もちろん自分でお金を払います。

直ぐに人だかりが出来るので
こんな事を言うと失礼ですが
ちょっと怖いです。
笑顔が引きつります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メカニックは本当に厳しいです。

メカニックは本当に厳しいです。
ダカール・ラリーではついつい競技者に
スポットが当たってしまいますが
メカニック達も非常に厳しい仕事になります。
ライダーが帰ってきてから
バイクのチェック、もし異常な所があれば
次の朝までに直さなければいけません。
毎日寝不足です。
その分僕らが眠ることが出来るのです。
仕事とは言え本当にハードな仕事です。
右側が僕の担当ハンス。
左側はファンジョー。
本当は他のライダーの担当なのですが
ちょっとひどく壊した日はこんな風に助け合って
修理をします。
本当にお世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SS後はちょっと疲れてますか?

SS後はちょっと疲れてますか?
SSゴール後に写真を隣のライダーと撮りあいました。
それにしてもジャケットがパンパンです。
ライダーはどこでリタイヤになっても大丈夫なように
家財道具を全てジャケットに詰め込んで走っています。
ドラえもんのポケットみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこもこんな感じなんだよな。

どこもこんな感じなんだよな。
これもSS後の記念写真です。
えっと・・・どこだったか記憶が・・・?
ちょっとライディング・ハイが入ってるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV東京のインタビュー

TV東京のインタビュー
1月27日テレビ東京で放送された
『ダカール特集』観ましたか?
最後の方に僕のリタイヤ後のインタビューが
流れましたが、
あのインタビューを撮影していた場面がこの写真です。
メディカルのステファンさんが撮ってくれました。
輸送用飛行機のゲートの前です。
さすがに一般のテレビ放送は観ている人が多くて
反響が凄かったですね。
スポンサーの方達や友人、知人はたまた
卒業後に連絡がなかった高校時代の友人まで
テレビって凄いですね。
それにしても完走したテリーやローリー達よりも
長い放送時間を取ってくれたのは申し訳ない感じがしましたが
素直に応援してもらっている気がしてうれしかったです。
観てない人はダビングしといたので
観に来てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船内で入国審査

船内で入国審査
マラガからモロッコへ渡る船内で
入国審査があります。
船内でもゆっくり休んで入られないのです。
向うにテリーが見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食事

食事
一枚だけ食事を写したのがありましたので
アップします。
毎日こんな感じでメインディッシュが肉です。
パスタとデザートも必ずついています。
結構豪華です。しかも結構いけます。
朝はメインディッシュがなくなり
デザートの替わりにヨーグルトです。
ドリンクはコーラの替わりにオレンジジュースです。
今回のダカールラリーで苦手だった粉チーズが
好きになりました。
毎日同じ味のパスタを食べていると
何とか味を変えたくなるものです。
そこで粉チーズをかけて食べ始めました。
上手いじゃん。
日に日に粉チーズの量が増えていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コマ図チェック

コマ図チェック
夕食の時間に必ずやるのが
次の日のコマ図のチェックです。
蛍光ペンで重要な箇所を塗っていきます。
常に振動で揺れているコマ図を見るので
見落としをしたくない箇所は
蛍光ペンで目印を付けていくんです。
!!!(トリプルコーション)は
見落とすと死んじゃいますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフリカ上陸初日の出

アフリカ上陸初日の出
アフリカ大陸モロッコに上陸して
初のお日様です。
SSまでのリエゾンでオチッコをした時に
ついでにパチリとやりました。
キレイだったな。
スッゲー寒かったんで太陽が昇ってきてからの
暖かさに感謝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リエゾン中に撮った写真

リエゾン中に撮った写真
リエゾンは基本的に道を走っていくので
先行したライダーの砂煙が遠くに見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリンの補給

ガソリンの補給
毎日のSS区間内でのガソリンは
こんな風にチェックポイントに設けられ
ライダー達がガソリンの補給をします。
ガソリンを入れてくれる人がいる場合もあるし
いない場合はジェリー缶から自分で入れなければいけません。
普通なら簡単に入れられるんですが
SSを200KM以上走ってくると結構大変なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リエゾン中の写真その3

リエゾン中の写真その3
こちらもリエゾン中に撮った
景色の良い所での写真です。
冷静に見ても馴染みのあるアメリカなのか
アフリカなのか分かりませんが
こちらは間違いなく今回のダカールラリー中の
リエゾンでの写真です。
でもモロッコなのかモーリタニアなのかは??
ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渓谷でパチリ

渓谷でパチリ
リエゾン区間で凄い景色だったので
つい止まってパチリと記念撮影。
アフリカに入ってからは
止まると直ぐに人だかりになるので
人のいないところで止まるのですが
どこからともなく直ぐに人が来ます。
この後も『ギブミーマネー』と
手を出されましたが
無視をして直ぐに走り出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リタイヤ後の飛行機を待つ姿。

リタイヤ後の飛行機を待つ姿。
パリダカのメディカルの方が撮ってくれた
ネマ行きの飛行機に乗り込む前の
スティーブとロベルト選手の写真。
後ろで立ち上がる煙は
飛行機の立てるダストです。
彼とはパリまでいっしょしました。
その後イタリアへ帰っていきました。

ネマに着くまでは
着替えもないのでなんとも情けないタイツ姿の
スティーブです。

タイツで写真を撮ったのは保育園以来です。
まさかこの歳になってタイツ姿になるとは・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今日現在の手の状況。キモイです。

今日現在の手の状況。キモイです。
今日現在の手の状況。キモイです。
決してゴム手袋を膨らませているわけではありません。
スティーブの本物の手なのでございます。
自分で見ても気持ち悪いです。
この世のものとは思えません。

オマケです。
やはりパリダカは凄かった。
骨折した骨を固定してある
ボルトが緩んできてしまったのです。
もう少しで皮膚を突き破るぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日帰国

スティーブから電話ありました。
フランスのパリからです。

明日の午後、成田に着きます。
病院行きです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

4446104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スティーブ、リタイヤ

スティーブはリタイヤしました。

昨日の右手首の捻挫と思われるケガは骨折でした。
パリダカのドクターによるストップがかかりました。
スティーブは走らせてくれと、強く要望したのですが、駄目でした。

応援して頂いた皆様に、「大変申し訳ありません。」と、申しておりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9日目もなんとか完走

パリダカライブのHPを見ると、スティーブが最初のSSで止まったままです。
ひょっとして、リタイヤ??と、美由紀さんに確認しました。

SSに入ってすぐ、前転しちゃって、右手首を捻挫したそうです。
あまりの痛さにアクセル回せないので、痛み止めを貰い、夜9時頃になんとか走りきったそうです。
コースは砂が200kmぐらいあると、岩場になり、岩場が終わるとまた砂。この繰り返し。
手首にも精神的にもしびれたそうです。

今日はマラソンステージ、サポートは一切無い一日です。
バイクも少々壊れているらしく、結構厳しい一日になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お休みのスティーブ

4436426
スティーブ最愛の奥さんからまたまた連絡ありました。
パリダカ8日目、休息日。
ずーっと休んだそうです。ご飯食べて、寝て、またご飯食べて、寝て。丸一日寝ていたそうです。

前日の砂嵐、ブログ本文「スティーブは楽しんでいたそうです。」
訂正します。「楽しい分けないジャン。」ってことで相当苦しんだそうです。
しかし、スティーブは確かに奥さんに「楽しかった。」っと言った訳で、その時点でライダーズハイ、
というか通常の苦しいのを通り越しちゃった状態で、ちょっといっちゃってたんでしょうね。

砂丘のすり鉢の中では、脱出が大変だったそうです。
エンジンも回していますから、今後のエンジントラブルがちょっと心配とのこと。
また、タンク、ラジエターなど日本でバイクを改造した箇所がほとんどトラブルを起こしたそうです。
改造したところから壊れるってのは、長距離レースではよく聞く話です。
トラブル起こした箇所は現地のベルギーチームで修理できてますので、今後は大丈夫なのでは。
ということで、そろそろ後半戦始まります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真その2

4425559moy
4425560moy
4425561moy
4425562moy
4425563moy
4427879moy
4427880moy
4427881moy
4429460moy
4429461moy
4429462moy
4429463moy
4431551moy
4431555moy
4431557moy
4436426moy
4436427moy
4436428moy
4436429moy
4437192moy
4437193moy
4437194moy
4440840moy
4441649moy
4441650moy
4441651moy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真をいっぱいUPします

4412382moy
4417755moy
4417758moy
4417760moy
4417762moy
4419245moy
4419246moy
4419247moy
4424170moy
4424171moy
4424172moy
4424173moy
4424174moy
4424175moy
4424176moy
4424177moy
4424178moy
4424741moy
4424742moy
4424743moy
4424744moy
4424745moy
4424746moy
4424747moy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日目も完走

スティーブの最愛の奥さんから連絡ありました。
今朝3時頃電話があったそうです。
相当疲れていて、こちらの時間を考える余裕がなかったそうです。

向こうは砂嵐、前も後ろも全く見えなく(本当)、呼吸も苦しい?(私の脚色)中で
スティーブは楽しんでいたそうです。(本当)
砂嵐って日本では一生体験出来ないですものね。

砂嵐で前が見えないときって、どうやって前に進むのでしょうね。

今日はレース真ん中のお休みの日です。
バイクも体も元気回復できるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6日目も完走

スティーブから連絡がありません。
けど、7日目も走っているのは確かです。

良い写真が入りましたので、UPします。
4424175

| | コメント (1) | トラックバック (0)

4日目もなんとか完走

4404995moy

4404996moy
4404997moy
4404998moy
4404998moy_1
4404999moy
4408443moy
4408443moy_1
4408445moy
4408446moy
4408447moy
4408448moy
4408449moy
4412376moy
4412379moy
4412380moy
4412381moy
さて、日本時間午後3時半、スティーブから連絡ありました。
なんか声が疲れていました。そろそろライダーズハイ!?

昨日はSSの真ん中までは普通に行けたそうです。
大変なのはそれから・・・
昨日はマラソンステージということで、メーカーがバックにあるトップライダーもプライベートライダーも平等に
自分のバイクを直すのは自分だけ。砂丘も30~40km。寝泊まりもテント。平等にみんな苦しいステージです。

まず、巨大な燃料タンクと左のラジエターと隙間が狭かったため、転倒などであたっちゃうことが判明しました。
またまた左のラジエターにクラックが入ったのです。
それを直すのみタンクをはずして行うのですが、取り付けが不完全で、右側にある冷却ファンの配線をショートさせてしまいました。そしてそれをなおしたら今度はガソリンタンクにクラック。またまた修理です。
少し進んでは故障の繰り返し。

日本人ライダー3人はとりあえず4日目完走出来たそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3日目も完走

3日目も完走したようです。ゴールに到着したのが午後5時ぐらいです。たぶん。

たぶんというのは、スティーブから連絡がなかったのです。
しかし、4日目も無事スタートして、お昼にはSS(405キロ)の真ん中へん。
大橋さんも桐島さんも近くを走っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二日目も完走

4399552moy
4399558moy
4399559moy

4399560moy

スティーブから連絡ありました。
2日目も終わり、フェリーでアフリカに到着しました。
船の中では日本人ライダーの大橋さん、桐島さんと同室で一休みでした。

2日目は最初にSSがあって、その後はツーリングのようなオリーブ畑の中を走ったりして海まで行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと1時間で2日目スタート

午後3時半、スティーブから電話がありました。
昨日(1月6日)の模様
いきなりトラブル発生。
120kmのSSスタートから15kmほどで前のバイクが転倒しているところに、突っ込んじゃいました。
左側のラジエーターに穴が空いてしまいました。10kmぐらい毎に周りにいる観客から水を貰って、継ぎ足しながら走りました。
なんとかチームに戻り、昨日中に壊れたラジエーター交換したので、今日はバッチリ?です。
とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日は完走

4396433
第1ステージ 2007年1月6日
リスボン→ポルティマン
リエゾン: 115 km | SS: 120 km | リエゾン: 260 km
トータル: 495 km
リエゾンが移動区間で、SSが競技区間だったかな。

スティーブからの連絡はありませんが、とりあえずパリダカ初日、
日本人ライダーは3人とも完走です。


下記アドレスでパリダカがLIVEで分かります。

http://www.dakar.com/2007/DAK/LIVE/us/100/index.html上記HPで
「FOLLW-UP IN REAL-TIME
TRACKING.FOLLOW THE COMPETITORS ON LINE」
ってところをクリック。ポップアップで画面が出てきます。
デフォルトでバイク、車、トラックにレ点がありますが、バイク以外をはずし、
195と打ち込むと現在のスティーブが走っている地点が分かります。

今回参加している日本人ライダー
ゼッケン:219 大橋輝之 (OHASHI Teruyukii) YAMAHA WR450F
ゼッケン:151 桐島ローランド (KIRISHIMA Rowland) YAMAHA WR450F
ゼッケン:195 亀田スティーブ真靖 (KAMEDA Steve Masanobu) YAMAHA WR450F

ダカールラリーの参加者全員のリストが見られます。
バイク以外の車、トラックも日本人が参加しています。
http://www.dakar.com/2007/DAK/presentation/us/r3_8-engages.html

パリダカ日本事務局HP
http://www.paridaka-info.com/2007/DAK/presentation/jp/index.html

上記HPのhome>FILESから
ダカールラリー2007観戦ガイド
いろんな情報が載ってて、とても便利です。おすすめ。
http://www.we-love-adventure.com/dakar/dakar_watching_guide2007.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうじきスタート

日本時間の午後3時30分にスタートです。
2時間前にスティーブから電話がありました。
「なんか実感まだ湧かないなー。かっこいいコメントが思いつかない。」とのこと。
話をしている私もなんか緊張してきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

こんな乗り物でチャレンジ?

こんな乗り物でチャレンジ?

こんな乗り物でチャレンジ?

ダカールの会場でこんな乗り物を発見
まさかこれでダカールを目指す・・・
実はゴミを回収する乗り物と
イベント用の一輪車でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パルクフェルメのスティーブ車両

パルクフェルメのスティーブ車両

パルクフェルメのスティーブ車両

パルクフェルメのスティーブ車両

昨日の車検合格後
このパルクフェルメという場所に
車両が保管されてしまいます。
車検後に改造などが出来ないように
スタートまで車両に触れることさえ出来ません。
僕のバイクもこのようにスタートを待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寺院の中はこんなにおごそかです。

寺院の中はこんなにおごそかです。

ポディアムが作られた寺院の中は
こんなに厳かな雰囲気に包まれています。
旅の安全を祈りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートのポディアム完成

スタートのポディアム完成

スタートのポディアムが完成していました。
昨年と反対側のMosteiro do Jeronimos寺院の前です。
青空と歴史的な建物、そしてダカールのポディアムが
バッチリと溶け合っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学生が見学に

小学生が見学に

ダカールラリーの会場に
地元の小学生が見学にやってきました。
カミオン(トラック)の大きさにビックリしていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積み上げるとこんな感じ

積み上げるとこんな感じ

同じ箱ばかりなので
みんな目立つようにカスタムしてます。
僕のは詰まれるとこんな感じです。
この中から直ぐに自分のがわかれば
探している時間が節約されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は荷物を預ける。

今日は荷物を預ける。

昨日の車検はいろいろありました。
まず車検前にスターターのスイッチが壊れてしまいました。
ベルギーへ送った時に
なるべくばらさずに箱詰めしたので
配線などに無理がかかり
断線してしまったようです。
でも外見からは全く分からず
ベルギーチームのメカといっしょに
原因を探しやっと分かりました。
今わかって良かったです。
車検は持っていったフラッシュライトの光量が
足りずに強力タイプを現地で購入しました。

書類の方は
いつものように大事な書類を
車に忘れてきたり、
機材のチェックをしてもらう紙を
勘違いしてしまってしまったり
楽しい時間を過ごしました。
うふ。

結局車検終了までにかかった時間が
なんと5時間!
ありえません。ダカールラリー恐るべし。

今日はアフリカラウンド用の荷物を
主催者の飛行機に乗せる荷物を預けました。
みんな同じ箱なので
直ぐにわかるように
スティーブかめちゃんダカールラリーステッカーを
箱にはり、無事預け終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクと再会しました。

バイクと再会しました。

日本から24時間
やっとリスボンへ到着。
ホテルで爆酔し、3日の朝を迎えました。
早速チームが来ているアンローディング・エリアで
ベルギーヤマハのトラックへ直行!
ありました、ありました。
僕のバイクがありました。
とりあえず記念写真を撮ります。
だって日本人ですから。
この後、午後5時30分からの車検があるので
整備にかかります。
お約束ですが、トラブル発生です。

・・・・・・・・・

またアップします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »